PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > 楽器の選び方
楽器の選び方

ケースの重要性

 ここではショップでギターを購入する場合、意識してチェックしておいた方がよいポイントを考えていきたい。

 最初にギターを購入する際に、意外と忘れがちだが後々重要になるのがケースの存在だ。ギターを保護するだけでなく、持ち運ぶためにも必要不可欠なギター・ケースだが、最近では新品購入時に付属品として付いてくる場合がほとんどだろう。この時、付属するのがソフト・ケースかハード・ケースかというのが意外と見逃しがちなポイントだったりする。

 中級者向け以上のグレードのギターの場合、専用ハード・ケースが付属しているものもある。ギターの保護という点からはハード・ケースは理想的であり、特に自動車で他の機材と一緒に運ぶ場合は必須ともいえる。ブランド・ロゴがプリントされていたりして高級感があり、練習スタジオやライヴに持っていっても、ある種のステイタスを感じさせるハード・ケースだが、重量がかなりあるものもあり、徒歩や電車移動などの場合、手で提げていったら疲れてしまってプレイどころではないといった事もあったりする。自宅で弾くのみという場合を除き、ギターの購入時に可搬性に優れ身軽に動けるソフト・ケースについても同時に考慮しておいた方がいいだろう。

 あらかじめソフト・ケースでの運搬を考えている場合、注意したいのは、ギターによっては専用ソフト・ケースが用意されていないものもあるということだ。ポピュラーなデザインのモデルでは、メーカー純正のソフト・ケースが無くても、社外品の汎用ソフト・ケースに収まるものも多いが、特殊なシェイプのモデルでは、汎用ケースに入らないという場合もあるので注意したい。

→ チェックポイント1:木部 へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。