PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > 楽器の選び方
楽器の選び方

エレアコについて


(写真1)サウンド・ホール内にセットされた
コンデンサー・マイク

 最後にエレクトリック・アコースティック・ギターのタイプと選ぶときに注意するポイントについて考えてみたい。ピックアップを内蔵し、ほとんどの場合はプリアンプも搭載しており、ケーブル1本で直接ギター・アンプやPA機器に繋ぐことも可能なアコースティックギターを、一般的に略してエレアコと呼ぶ。現在では、ブリッジの内部にサドルを介して弦振動を感知し、電気信号に置き換える圧電素子を使用したピエゾ・ピックアップを内蔵しているものが主流となっている。これは弦の支点であるブリッジ・サドルから振動をキャッチするため効率よく弦振動を信号に変換でき、エレアコで最も問題になりやすいハウリングにも比較的強いというメリットがある。最近ではブリッジ内蔵のピエゾ・ピックアップを中心に、異なったタイプのピックアップを併せて搭載し、それぞれの長所を生かして短所を補う方式も登場してきた。例を挙げると、小型のコンデンサー・マイクをサウンド・ホール内にセットし(写真1)、弦をヒットする音のディテールや空気感を拾い、ブリッジ内蔵ピエゾPUのサウンドにミックスするもの。他には、やはり圧電式のコンタクト・ピックアップをトップの裏側やブリッジ・プレートに貼り付け、異なるキャラクターのサウンドをミックスする方式もある。

 エレアコの場合、ピックアップでサウンドを拾い、それを増幅するため、純粋なアコースティック・ギターとは少し異なった設計思想によってデザインされているものもある。その一つがピックアップでベストな音を得るために、ハウリングの原因となりやすい生鳴りを抑えたりする方向性だったりする。それを突き詰めたのが、エレクトリック・ギターに近い大きさや厚みのボディを持ち、構造はソリッドまたは共鳴室を持ったセミ・ホロウというタイプのエレアコだ。サイズが小さいので取り回しも簡単で演奏性も高く、自宅で生ギターの音量が出せない人でも、ヘッドホンで演奏を楽しめたりする。最近ではデジタル・シグナル・プロセッサーによってリアルなサウンドを再現するモデルも出てきており、初めてアコースティック・ギターを手にするという人もチェックしてみる価値はあるだろう。

→ ボディ・タイプについて へ

→ その他のチェック・ポイント編 へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。