PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > 楽器の選び方
楽器の選び方

状況によるアンプの選択 2

 次に自宅以外の練習スタジオやライヴに持っていくアンプについて考えてみよう。ドラムなどの他の楽器と同時にプレイして十分な音量を得るとなると、出力は少なくとも30Wは欲しいところだ。ゆとりのあるサウンドを望むとなると、やはり100Wはあった方がいいだろう。こうなるとアンプの重量は10kgを越え、徒歩や電車移動でギターや他の機材を携えながら自力で持っていくのは難しい。キャリング・カートに積んで運ぶという手も考えられなくはないが、振動による故障の恐れがある。これは自転車やスクーターでの運搬も同様で、交通安全上もおすすめは出来ない。バンドで演奏するためのアンプは自動車で運搬すると割り切った方がよさそうだ。

 自動車で運搬すると考えると、アンプの選択肢は大きく広がる。まずはスピーカー一体型のコンボ・タイプか、ヘッド部とスピーカー・キャビネットが分かれたセパレート・タイプのスタック・アンプにするか悩むところだ。同じ出力、性能でコンボとスタックの両方が平行して売られているモデルもあるが、その場合、ヘッドとキャビを揃えるよりもコンボの方が安い。一台で完結し手軽なイメージもあり、また小型なキャビネットの独特なハコ鳴りにこだわるギタリストも多い。スタック・タイプのメリットはスピーカー・キャビネットの選択の自由度であり、許容入力やインピーダンスの条件さえマッチすれば搭載スピーカーの数が異なるものや、他ブランドのキャビネットを組み合わせることもできる。

 スピーカーのレイアウトに関しては、例えば同じアンプでスピーカーの本数を1本から2本に増やした場合、単純に音量が2倍になるわけではなく、音のクリアーさ、特に低音域のゆとりとして効果を感じる事が出来る。スピーカー1本では能力のギリギリで歪みがちだったところが、2本に分担されるため、余裕が出るわけだ。また、スピーカーは口径が大きいほど低域の特性が良くなるが、スピーカーの本数を増やすことで実質スピーカー面積も大きくなり、低域を大きく出すことができる。自分にはどのようなスピーカー・レイアウトが必要かは、色々なギタリストのセッティングとそのサウンドや音量をチェックし、最終的には経験を重ねて決めるしかないともいえる。

→ アンプの構造・概要 へ

→ アコースティック・ギター編 へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。